読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13回 ナンバコウジという男を紹介させてください。

f:id:jk-sotugyoumade:20160110160129j:plain

 
JKなし子は激怒した。
必ず、かの邪智暴虐じゃちぼうぎゃく若者達の空気を読むことは当たり前という思想を除かなければならぬと決意した。
JKなし子には、皆が大学に行くから私も大学に行かないといけないという思想もわからぬ。
JKなし子は、現役女子高生である。
変な人達に出会ったり、ブログを書いたり、カナダに来るため高校を辞めて、暮して来た。
けれども空気を読まないと奴は頭がおかしいと思われる風潮に対しては、人一倍に敏感であった。
きょう未明JKなし子は地元を出発し、野を越え山越え、十里はなれた東京の街にやって来た。
 
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173352j:plain

 
「ふう…。ここが六本木かあ…。人が、うじゃうじゃいて気持ち悪いなあ。」
 
JKなし子には絶対に会いたい人がいた。難波弘二という人間である。
今は東京の銀座の街にいる。その男性を、これから訪ねてみるつもりなのだ。
彼に会えば、きっとJKなし子の疑問の解決に近づけると思ったのである。
 
 「ああ、ップいう人類最大の発明を共にしても、道に迷ってしまった…。」
 
 歩いているうちにJKなし子は、銀座の街の様子を怪しく思った。ここはどこだ…。
のんきなJKなし子も、だんだん不安になって来た。
 
「あ、難波さん!道に迷いました!どこかわからないです!」
 
 これが彼との出会いだった。
 
 
そういうことで、今回は空気を読まない超カッケー男、難波弘二さんにインタビューしたいと思います!
 

 難波弘二ってどんな人?

 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain難波弘二(ナンバ コウジ)
日本の高校を中退後、オーストラリアの高校に行く。しかしまた中退する。
渋谷のスクランブル交差点に突全現れた巨大目玉と関係がある。
 銀座のコワーキングスペースThe Snackの副管理人。
Twitterは@namba_koji
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173944j:plain渋谷のスクランブル交差点に突然現れた巨大な目玉(CGではない) 

 

 今のところ、この情報しかないです!ヒィー!ごめんなさい!
このインタビューをしながら、一緒に難波弘二を知っていこう!おー!
 
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain 「こんにちは!今日はよろしくお願いします。」
  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「よろしくお願いします。あ、どのくらい僕のことを知ってるの?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「え、あ、ほんの少しネットの記事を読んだだけです。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「なるほど。今日は僕のことを暴いて、わからなくしてください。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「え、はい(???どうしよう!もうあれを使うしかない!)」
 
 
そうです。今回もあのカードを使います!
 
クエスチョンカードだ!
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173643j:plain難波さんがノリノリなので良かった。このカードの裏に私が聞きたいことが書かれてある。

 

 さっそくインタビュー開始だよ!
 
 

1、今なにしてるんですか?

これはどの記事にも載ってなかった!
高校を二度中退し、今銀座のThe Snackというコワーキングスペースで仕事をする難波弘二さん。今何してるの⁉︎
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plainおばけ屋敷を作ってます。

 

  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「え、ちょっと待ってください。もう少し具体的に説明してください。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「はい。あ、この場合、過去になにしてたんですか?のカードもありますよね。」
  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「え、何でわかるんですか?見えるんすか?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「はい。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「(この人怖いよ‼︎) 話を戻して、お化け屋敷を作るというのは?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「もちろん体験できるお化け屋敷ですよ。僕、今のお化け屋敷はスリルを全然生み出せていないと思うんです。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「いや、もう十分生み出せてると思いますよ!」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain
「今のお化け屋敷はあまっちょろいんです。僕は、真のスリルと恐怖を生み出すために、お化けは使ってはいけないという結論を出しました。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain
お化け屋敷なのにお化けがいない?屋敷ですか?屋敷を作ろうとしているんですか。」
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain

「そうです(笑)。
お化け屋敷って非日常の空間なんですよ。真相不安を追いかけてくるドッキリがありますよね。いきなり道端でされたら絶対驚くと思うんですど、お化け屋敷だったら演技でしょ?ってなりますよね。脳科学の回路的に気持ちが冷めることが証明されているんです。そこを冷めさせないことが重要なんです。今のおばけ屋敷にはその工夫が全く凝らされてない。僕はそこに目をつけて本当にヤバイのが来てる!という危機感をずっと与えるお化け屋敷が一番怖いんじゃないかという結論に至りました。」

 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「へえぇ…。じゃあお化けは出ないんですか?」」

  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「お化けよりも、本当に頭のいかれた人間みたいな珍獣みたいな奴が来るかも方が怖いと思ってます。それが、近くまで来た!→やばい本気で走ってきた!やばい腕を掴まれた!たみたいなのってスリルがあると思うんですよ。」
 
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「あ、触っちゃうんですか?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「そう、触っちゃう。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plainお化け屋敷で人に触るってタブーじゃないんですか?
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「だから攻めます。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「なるほど。お化け屋敷業界の新しい風ですね!」
 

 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「そうですね。お化け屋敷界の風雲児、難波弘二です。」

 
 
研究のために某お化け屋敷の入り口でインタビューして怒られた難波さん
 来年の夏をお楽しみに!きっとキテレツなお化け屋敷だぞ!(誰か一緒に行ってください(切実)
 
 

2、なんで高校を2回も辞めたんですか?

岡山の高校を辞め、オーストラリアの高校に通っていた難波さん。
しかし、そのオーストラリアの高校も辞めたらしい。
ちなみに私も、
11月に高校を辞めた
カナダに来た←イマココ☆
なので、高校を辞めた後輩として、この話、聞きたい!
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「まず、日本の高校を辞めた理由は何ですか?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「そうですね、いくつか理由があります。
そのうちの一つは、自分のやりたかった勉強ができないココはダメだと思ったことです。どこだったら自分のやりたい勉強ができるんだ、それはオーストラリアだと。調べたら、オーストラリアはすごくディスカッションしてるらしい!これは日本では得られない何かがある、自分のやりたい勉強ができる!それで辞めてオーストラリアに行きました。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「でもオーストラリアの高校も辞めたんですよね?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「うん。いざ、行ってみたら、なんざこの薄っぺらいディスカッションは!犬と猫どっちが好きですかってなんだよ!って。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「それは辞める(笑)。ちなみに得意教科は何ですか?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「得意教科は英語と古典です。ただし、古典は助動詞に限る
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain古典の助動詞とか100%暗記だと思うんですが!」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「いや、それ全く違うんですよ。説明していい?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「3ヶ月古典に触れてませんが大丈夫でしょうか。(真顔)」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「あとで楽しくなってくるから!例えば、若いって言葉があるよね、これを古語に直すと若しだよね。」
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain

「これを未然形にすると、若くでしょ。あと、連用形終止形連体形命令形があるでしょ。ただ、若しっていうこの形容詞にプラスして、助動詞つけるよね。でも、こんなんいらねーじゃん!なんで急に変わるんだよ!ってなる。実はこれは暗記しなくてもいいんですよ。なんか好きな助動詞行ってみて。」
 
 
 このあとめちゃくちゃ古典(助動詞に限る)を教えてもらいった。
喋る暇を与えてくれなかった。しかし、メチャクチャわかりやすかったので、気になる人は難波さんに聞いてみてね!
 
 

3、お化け屋敷以外に今、何がしたいですか?

 
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plainストリートを使い倒したい。
僕、ストリートで何かする人をすごくリスペクトしているんです。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain急にテンション上がりましたね!
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain
Banksyってイギリスのストリートグループがいるんですが、壁に落書きして凄く怒られてたんですよ。けど、最近では、その落書きが凄すぎて国や行政に頼まれて落書きしてる。そういう人たちが世界には、いっぱいいて。ストリートでやるってスレスレを攻めるじゃん。そこが好きなんです。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「難波さんは、刺激を求めてるんですか?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「そうです。今の世の中には、刺激が全く足りないんです。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「何かストリートの活動をしたことはありますか?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「はい。渋谷に目玉を出現させました!
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173659j:plain

 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「ええ⁉︎これCGじゃないんですか⁉︎
スクランブル交差点の真上に巨大な目玉がジャックしてる!やばい!こういうのすごく好き!(興奮)」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plainCGじゃないよ!本当にやりました。警察につかまったけどね(笑)
 
まとめられてた
 めっちゃカッケー!
どうやって頭上をジャックしたかは秘密!しかし、めちゃくちゃ計算されてたぞ!
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「紐が見えないからマジで渋谷に目玉が浮いてるみたいですね。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain
渋谷の一番人の動きが多いところに、全然動かない巨大な目玉というものがあると、の関係がすごく美しく見える。あれは、本当に凄かった。もう一度したい。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain絶対また捕まるじゃないですか。
 
 
ストリート的なソウルを大事にしたいと言う難波さんは、少しカッコよく見えた。
これからも、何かをストリートでする!と言っていたので、皆さん乞うご期待!
 
 

4、高校で恋してた?

インタビューしていて気付いたが、口から出る言葉や話す仕草、変わっている
初対面なのにひしひし伝わって来る危険さ!さあ、リアル難波弘二を暴きます!準備はできたか野郎共!
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain 「めっちゃ恋してました。今までで、一番好きだった人は、高校2年生のときに好きだった人。その人と付き合えなかったのが、僕にとってスリルでした。追いかけても捕まえられない、でもギリギリまでいくのに付き合えないこの感じ。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plainドMじゃないですか。その当時好きだった人は、どんな人でした?」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「俺の見立てでは、あの子はすごい心に闇を抱えているタイプ
すげえ喋るのに自分のことを全く喋ってくれない。」
  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「難波さんが普通の恋愛をしてないことは薄々気付いていました。あ、恋愛体質なんですか?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「そうだね、性欲は強いと言われるよ。」
 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173733j:plain

 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「ドMで性欲が強い?」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「そういったら変態に聞こえるな。僕は、年上にはいじめられたいし、年下は、いじりたい。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「どっちもじゃねーか。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plainすべての欲求を持っているんだよね。」
 
一言でいうと、変態!しかし嫌いじゃない変態です!
爽やかに下ネタを言いそうで怖い(JKなし子の勝手な妄想)
 

5、今になって後悔していることは何ですか?

 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「うーん、なんだろう。」
  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「泥だんごじゃないですか?」
  f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain「そうね、学生時代、泥だんごをもっとやればよかったですね。」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「私はメチャクチャ泥だんごしましたよ。柔らかい土で作った団子の上にサラサラの土をつけて硬くするんですよね。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain何の話してんだよ。
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「ごめんなさい。」
 
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plain
「真剣に言うと、クリエイティブな基礎体力をつけとけばよかった。イガラシシンイチロウっていうファンキーながいるんだけど、その人を見ると、ああもっと学生時代にやっとけば良かったなあって思う。」
 
18歳の頃@いがらし しんちろ | おのなお.tokyoにイガラシさんのインタビューが載っています。これは絶対見て欲しい!
 
 
 
終了!
 
ここまで読んでみてどうでした⁉︎
空気に流されず、空気を作り出し、そしてかき回す。
彼は、そんなアクションをこれからも起こしていくのだろう。
話せてよかったー!
あ、皆さん、最後に、難波弘二という男がわからなくなりましたか⁉︎
 
Yes→よろしい!ぜひ番外編も読んでね!
No→その気持ちもわかる。でも今は黙っとこう!

 

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173717j:plainThe Snackにあるソファ。セカオワのソファだよ!ふかふかだよ!

 

 

↓インタビュー番外編↓
 
 JKなし子の私欲を満たすためだけのコーナーです。
 
*今、興味のあるものは何ですか?
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「クイックルワイパーですね。」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「へ?」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173648j:plainクイックルワイパーの語感が非常に気持ちいい。
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「クイックルワイパー、クイックルワイパー、本当だ!なんかちょっと楽しくなってきますね!」
 
※後日、あの時の自分はどうかしていたことがわかりました。
 
 *理想の女性像は何ですか?
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「2時間ぐらい喋れる」
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「やっぱ、カットするんでいいです」
 
 *いろんな顔がある難波弘二
 f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「僕、いろんな顔があるんですよ。」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「そうですね。私は、もう分からなくなってきました。」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「僕のことが?」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「はい。」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173634j:plain「いい感じですね。」
f:id:jk-sotugyoumade:20160110173713j:plain「(この人やばい人じゃん)」
 
 *心理ゲームをする難波弘二

f:id:jk-sotugyoumade:20160110173651j:plain

Aのカードが4枚、キングのカードが1枚あり、キングのカードを探すゲーム。

 

ちなみにJKなし子は勝利した!

 

 

おしまい!
 
 
合わせて読みたい